無料
エロ
動画

 るしふぇる@あだるとゲームのあれこれ。

アダルトゲームのレビューや感想など。適当にだらだらと。(主に週末更新)

『彼女は高天(そら)に祈らない』応援中!

「せきさば!」を応援しています!

たいせつなきみのために、ぼくにできるいちばんのこと



★『恋騎士 Purely☆Kiss』

★『ユユカナ -under the Starlight-』

★『SuGirly Wish』

『ランス・クエスト』を応援しています!



Getchu.com商品検索



【GALACTICA】極道の花嫁(レビューその2)

【GALACTICA】極道の花嫁
極道の花嫁

個人的に期待している作品の一つです。
更紗の攻略は完了し朱鷺子を攻略しました。
個別ルートが待った更紗とは異なるので新鮮な感じでプレイできましたね。

ただ全体的にお姉ちゃんを強調しすぎている部分もあり、それが自分的にはマイナス。
確かにそうなんだけどそればかり強調しすぎると他の部分が目立たなくなる。
折角の心の揺れ動きなどもちょっと薄くなってしまうかなと。
姉として、1人の女性としてという感情の揺れ動きが、姉を強調することで
壊してしまってたかな。と思う部分もあるわけですよ。

まぁとらえ方は人それぞれですが、それ以外は自分にとっても良いなと思いますね。
最後のエンディングなどはとても秀逸な作りでした。

【GALACTICA】極道の花嫁 (レビュー)

【GALACTICA】極道の花嫁
極道の花嫁

個人的に期待している作品の一つです。
本日届きましたGALACTICAさんのデビュー作品ですね。
早速ですがプレイしていますが、はじめは朝緋のイントネーションなどに
若干違和感を感じましたが、今ではさほどではなくなりましたね。
とりあえず更紗から攻略していきます。

シナリオが良いですね。
はじめの共通パートも結構良いなぁと思いましたが、個別パートに入って個人的に
結構優秀だなと思いました。作りが丁寧ですね。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、一部強引だなという箇所もありますが、
全体的に1つのシナリオとしてとても良くできていると思います。
次は朱鷺子を攻略して行きたいと思います。

とりあえずアメリアは最後ね。


詳しく書くとネタバレにもなるので最終的に総評として若干詳しく書きます。

【TOPCAT】手毬花(発売日決定)

【TOPCAT】手毬花
手毬花

発売日決定しましたね。
4月28日
だそうです。
個人的にはTOPCATさん応援しているんですけどね。
今作も期待しているんです。いるんですけど正直怖い部分もありますかね。
前作の「ななプリ。」がファンタジー系でグラフィックも自分好みの
はっきりとしたタイプのものに対して今作は独特の世界観な感じの作品。
伝奇モノに定評のある鷹取兵馬氏のシナリオに対して、原画は緒方剛志さんで
優しいタッチの作画ですよね。
暖かい感じなグラフィックなのに伝奇モノというこのギャップが正直怖い。
いや。この感じが良いのか...解らなくなってきた。

キャストは良いですね。
藤井舞さんもどちらかというと姉御肌っぽいキャラが似合う声なので、
『海藤べるが』はぴったりなんじゃないでしょうか?

とにかく期待している作品です。
まずはストーリーからどうぞ。

主人公・小虎は気がつくと、古めかしいバスに乗っていた。
車内には小虎の他に数人の姿しかない。 行き先は全寮制の学園――群雲学園。
山道が険しいのか、それともタイヤがお粗末なのか、
バスはゴトゴトと小石を踏む音を立てながら、小刻みに揺れ続ける。

そんな風にして、バスに揺られてどれくらいの時間が経っただろうか。
車窓からは明るい黄緑色の風景が見て取れた。
人里から遠く離れていくんだな、と小虎はなんだか心が軽くなったような気がした。
不意にバスが速度を落とし停車すると、新たに女の子が数人乗車してきた。
最初に乗ってきたのは、綺麗な銀髪の、冷たい目をした少女だった。

「あなた、初めて見る顔ね? 転入生?」

その言葉に応じた小虎に対し、何が悪かったのか、少女は舌打ちを返してくる。
信じられないような言葉を吐き捨てる少女に対し、
小虎は目を丸くして、その場に固まることしか出来なかった。

「気にすることは無いですわ。彼女はいつも、ああですから」

新たにバスに乗り込んできた女の子が、哀れむような視線を小虎に向けた。
バスは再び走り出す。 呆然としている小虎を否応なく群雲学園へと誘なって……。

“夢” と “幻” が混濁する幻想的な学園で紡がれる少年と少女の物語。
切なく、儚い恋の行く先で待つ結末は――。


こんな感じのストーリー。
正直これだけだと解らないですよね。続報に期待します。

【3rdEye】BLOODY†RONDO

【3rdEye】BLOODY†RONDO
BLOODY†RONDO

こちらも期待している作品で3rdEyeの初作品です。
ちなみに吸血鬼ものですね。
なぜ期待しているかと言うと声優陣が非常に豪華なのです。
というか自分好みの声優陣でそれが期待している一つなんです。

青葉りんご、上田朱音、みる、桜川未央、藤森ゆき奈、北都南、かわしまりの...
自分好みのみる姉がいる時点で買いなのですが、それ以外にも自分の好きな声優さんが
たくさんというか全部ですかね。
そう全部なんです。
他の作品でも上手いなぁとか良いなぁとかって方はたくさんいます。
でも「ファン」なのは数名でまだ他にもいますが、上記メンバーは全てファンなのです。

と言うことで別の意味でもどんな感じになるのか楽しみで期待している作品です。

と言うことで早速ストーリー紹介から。


江神真紅郎には二つの顔がある。
昼間は同年代の学生に囲まれ平凡な日常を過ごす一方、
日が落ちると仕事をするため街へと繰り出す。
真紅郎の仕事とは、人間の中に紛れ込む吸血鬼を狩ることだった。

ある日の夜、いつものように仕事の依頼を請け現場へと向かうのだが、
そこには野良吸血鬼に囲まれた一人の少女の姿があった。
吸血鬼を片付けた後、気を失っている少女を保護し、
自宅へと連れ帰りベッドに寝かせることにする真紅郎。
しかし、この少女は人間ではなく……。

ほどなくして現れたハンター、新たなる吸血鬼、そして……。
様々な思惑が絡み合った運命は大きく加速してゆく。


ちょっと短いですが、吸血鬼を狩るという点に注目。
そうですヴァンパイアハンター(ちょっと言ってみたかっただけ)なんです。
復讐劇と恋愛劇を織り交ぜるとどうなるのか...気になります。

【SORAHANE】AQUA

【SORAHANE】AQUA
AQUA

SORAHANEのデビュー作品のAQUAです。
こちらは一般ADVとは異なりNOVELです。
そうです小説です。
ですが、世界観がとても素晴らしくストーリーを見れば解りますがシナリオも素晴らしいですね。
ストーリー紹介を見ただけで「泣かせます」という感じでw
ノベル系のものはあまりプレイしないのですが、これは楽しみな作品です。

早速ですがストーリー紹介を

そのとき、僕と千紗との距離は、何メートルだったんだろう。
1メートル? それとも、10メートル?
「そーちゃーん! オレンジジュースでよかったーっ?」 「ち、千紗っ! あぶないっ!」
手を伸ばしたけど、その距離は縮まらなかった。 そしてその距離は
「なにー? きこえな――――― どんどん遠くなって
「ち……さ…………?」 ついには見えなくなってしまった。

目の前で朱色に染まる千紗。 道ばたをころころと転がる、オレンジジュースの入ったカップ。
しかし僕は、なにもすることができなかった。 近づくこともできなかった。
あの日から僕は、オレンジジュースが飲めない。

西暦2056年――
質量をもったホログラムを生成することができるコンピュータ 『アクア』 が
パソコンに取って代わり8年が過ぎ、アクアが世界中で生活に根付いていた。
月ヶ浜はアクアを制御する “ルカ” と呼ばれるアンテナが水平線に立ち、
アクア開発研究組織・ECReD擁する科学技術都市として発展してきた。

鳴海颯太は母親の智恵と共に、7年ぶりにこの街に戻ってきた。
しかし颯太は、この街に戻ってくるのが嫌だった。
ここに来ると―――死んだ千紗のことを思い出してしまうから。

柊木なずなとの衝撃的 (すぎる?) な出会い。
学園で出会う南凛や月代奈々璃といったクラスメイトたち。
そして颯太は学園で、びしょ濡れ姿のひとりの少女と再会する。
「そー……ちゃん?」
僕のことをそう呼ぶ子は、たった1人しかいなかった。
それは “ちさ” と同姓同名の野々宮千紗ではない。
僕が知っている、僕が昔知り合った、僕が死んだと思っていた
野々宮千紗、ただ1人だけだった。
顔立ちも、身長も、そして胸の大きさも違ってた。
でも、その千紗の笑顔が、記憶の “ちさ” と重なった。
それは夢でも幻でもなく、現実として、確かに、そして実際に、ここにあった。
白い制服が濡れ、透けた先に見えるものは、とても神秘的で―――
―――とてもドジっ子だった。


ストーリー見るだけでも何となく切ない感じが伝わってきて、
実際どのようにストーリーが展開していくのだろうと気になります。
そして、パッチなんかも初回特典としてつきますので、
是非ご予約頂きご購入お願いします。

close